カザマのブログ

なんか違うとおもったので就活やめて起業します.

NASAの会議やら観光やら

お久しぶりです

風間です.

 

アメリカで忙しくて更新できませんでしたので,空港でぱぱっとまとめました.色々ハプニングがあったり友達ができたり観光したり最高でした.

 

f:id:AIFFEE:20180617224632j:plain

 

 

目次

 

  • 英語がほとんど理解できないのにNASAの会議に来た

アメリカに行く前は英語ができると大口たたいていましたが,実は英語が全然できません.

おそらく皆さんが思っている以上にひどいです笑

 

大口?をたたいてしまうのは,このせいです

 “あなたは出来ますか?”

“できます”

 

僕は出来ないというのが嫌いで,だいたいすべての事にできると言ってしまします.

たいていどんな事でもやってみると案外できるものだと思っているので自然と大きな事を言ってしまいます.

 

そんなこんなで英語もできないのに,出来ますと言ってNASAの国際会議に参加しました.

 

ちなみに,今のJAXAでの研究開発に関する学問は一切履修したことがありません笑

というか,学部学科的にほとんど関係ないから講義がないのですけどね

JAXAに行けるとなった時に全く分野関係ないけど大丈夫なの?て聞かれて問題ないですって言いました.(めちゃくちゃ問題でしたけど...いまだに分からない事が多くて,怒られ続けています)

 

日本から向かうときは,ダラス経由でデンバーコロラド州)に向かっていました.

順調に(多少飛行機は時間がずれましたが)デンバーに着いて,スーツケースを受け取り,後は発表資料だけだとレーンから流れてくるのを待っていたのですが…

 

こない!!

 

まさかのロストバゲージです.カウンターに行くと,ダラスに忘れてきたらしく次の便で送るから待てと言われました.おかげで部屋に着くのが夜中になってしまいました.

 

発表資料を受け取れて,笑い話で収まってよかったです.

 

  • 学生寮があったのに知らなくて10 km離れた家にホームステイ

会議の場所がボールダーという町(標高1700 mくらい)のコロラド大学であるので,近くの安い家にホームステイ(air bnb的なサービスを使用)をしました.大学の近くで泊まれるのであれば良いのですが,近くは2~3万以上するホテルばかりで泊まれませんでした.その為,近くで安いところを探して大学から約10 km離れた家に泊まりました笑

 

それでも日に1万ほんとに高すぎる…

 

会議に行くと,学生寮に5千で泊まれたんだよーといわれてしまいました笑

まあ毎日自転車を借りられたので良しとします.

 

  • トークは大失敗したけどもメインセッションでは盛り上がった

正直,トークは全然しゃべれず終わりました.トーク用のスライドを徹夜しながら作り続けていたのですが,それが全く反映されておらず一番初期にアップロードした途中経過を映し出されてしまい,困惑と疲れとで酷い発表になりました笑

メールでも確認して,アップロードしましたという旨も送ったのにしてくれなかったのですが,直前に最終確認をするべきだったと反省しています.失敗してしばらく怒ってしまいましたが,一気に切り替えてメインセッションにのぞみました.

 

トークの失敗の分をメインで取り返そうと多くの人と話しました.結果,色んな人が興味をもってくれてかなり盛り上がりました.次につながるコネクションも多く得て,日本の火星探査機がぐんと進みそうな予感です.その分,僕の仕事が恐ろしい事になるんですが…

MMXと相乗りしなよとか無茶な話もされました.いや無茶でしょ,ジョーク?

 

追記:

次の日から具体的な話が進んで各方面から多くのメールが届いて超急ピッチで準備して夏に着陸試験やらないといけなくなりました.もはや手が回らないです.

 

  • 色んな友達と名刺

大半はNASA関連の人ですが,世界中から学生や研究者があつまっていて色んな国の友達が出来ました.みんなNASAで働きたいって言っていて,積極的にアピールしてコネクションを作っているのは流石でした.僕も何人かコネクションができました.

 

そして知らなかったのですが,海外の方も名刺を皆作っているのですね.日本だけの文化だと思っていましたが,一般的らしいです.JAXAにいるときに会った外国の方は日本人用にわざわざ名刺を作っているのだと思っていました.連絡先,コネクションとして渡すだけで,会った人に誰でも渡すわけではないのが日本と違いました.

 

あとキャンパス歩いていた時に話した地元の大学生と仲良くなって,アルティメットというフリースビーのスポーツをすることになりました!

(隣町集合!ていわれて迎えに来てくれるのかと思ったらいけないって言われたので断ってしまいました.残念)

 

  • 英語はいいから大きな声で話せば完璧

友達と話しているときに上手く会話に入れなくて振ってもらえてようやく少ししゃべれる感じでした.なんとか喋ろうと会話に入るのですが,コミュニケーションがうまくいきませんでした.夜のパーティーで聞いてみると,こんな事を教えてくれました.

 

“英語のスキルは大丈夫だから,もっと自信もって話せば完璧だよ!!世界中から会議にきているけど皆が英語のネイティブではないし,英語がうまくない人だって多いけど,みんなコミュニケーションが出来ているから”

 

確かに,ドイツ人の友達も喋るときに言い直したり,言い換えたりしていました.実はみんな頑張っていて,英語が苦手なのは自分だけではないと知って気が楽になりました.

 

次の日からは,なんとか声を大きくして話すようにしましたがまだ小さいようで何度も聞き返されました笑

今後海外に行くときは堂々と英語を間違っていきます!

 

  • 魅力的な街,ボールダー

ボールダーという町はロッキーマウンテンの麓?(標高1700 m)にあり,リゾート,観光地として有名です.そして,なんといってもアメリカの州で住みたい街ランキングで毎年上位というアメリカ人からしても魅力的な街らしいです.

 

空気が澄んでいて太陽がぽかぽか照らし,山からは雪解け水が多く流れて,麓の川は透き通っていて冷たい.公園に行けば平日でも家族がBBQをしていて,子供たちが水遊びをしている,そんなのどかで素晴らしい街でした.

 

コロラド大学は名門校だけあって広大な敷地にアートなどの博物館や資料館,広い芝生に小川,いくつものトレーニングルームに巨大なスタジアムがあり充実した環境だと感じました.こんな大学に通いたいです.

 

  • 芸術にあふれた街,ボールダー

街にはアートの店や博物館がいくつもあり,とても面白かったです.特に,パールストリートというメインダウンタウンにある店は,店自体がアートそのものという感じで展示から,置いてあるものまで全てが印象深かったです.そしてコロラド大学にもミュージアムがあり,2度も見に行きました.

 

じっくり芸術にふれたのは初めてでしたが,すごく楽しめました.そして感化されて本屋でアーティスティックな本を2冊購入しました笑

 

Make a changeとかBe a unicornとか言った名前だと思います.

これ読んでユニコーンになります!

 

 

 

f:id:AIFFEE:20180617223844j:plain

 

  • ロッキー山脈のどこかの山の頂上(富士山より高い)まで登った

せっかくロッキー山脈の麓にいるのだから登ってきました!

車を持っていなかったのでNASAの方の運転でJAXAの教授と国立公園につれていってもらいました.車で頂上一歩手間の標高3600 mくらいまで登れるので,ほとんど富士山山頂まで車でいけるという凄さ.さすがに空気が薄くて,降りて少し丘を登るとすぐに息苦しくなりました.標高が高くなるにつれて雪も多くなってかなり寒かったですが,景色がとにかくきれいで気持ちの良いハイキングでした.ちなみに来る途中にエルクやウサギ,リスにアライグマなどを見つけました.アライグマが木に登るなんて知らなかったです笑

 

f:id:AIFFEE:20180617224258j:plain

 

ロッキーは冬にスノーリゾートになって夏はトレッキングリゾートであり,日本も冬のスノーシーズンだけではなくて夏も山をアピールしていってほしいと思いました.日本のスノーリゾートが外資系に取られていくのをみると少し寂しいなと思うのでなんとかしたいものです.

 

  • ライミングしたことないけど,Shutlleter parkの岩山を登った

f:id:AIFFEE:20180617223818j:plain

滞在先の方にマウンテンバイクを借りて毎日サイクリングしていました.有名らしい川の横のサイクリングコースを走って目的もなく山に向かっていたところ大きな公園があったので寄ってみました.有名?な岩山があるから登ってこいと,公園の前に上半身裸で寝ていたおじさんに言われましたので登ってきました.

 

実際にいってみるとかなり大きな岩山(僕視点)でした.クライミングした事ないけど昔読んだ漫画の知識となんとなくで登ってみましたが,途中でこれのぼったらほんとに降りられないと感じるポイントに差し掛かって,戦略的撤退をしました笑

 

実際にロッククライミングする方ってどうやって降りているのですかね

 

その奥にも岩山があったので,そちらを登る事に.はじめに登った山よりは簡単でしたが,てっぺんの足場が30センチくらいの幅しかなくて危なかったですが,めちゃくちゃ気持ちよかったです.あの場所では落ちたらほんとに死ぬと思っているのに,恐怖より楽しさが勝っていました(アドレナリンとかエフェドリンとかが出ていた?).写真は足場が広そうに見えますが腕と尻のところだけが平らで後は斜度60度くらいありました.

 

これまた降りるのに非常に苦労しました.上るよりむしろ降りる方が難しかったです.降りているときに,3つ降りるルートがあり迷いました.

 

1.滑りそうだけど落ちたら大きな怪我はなそうな道

2.少し滑りやすそうで落ちたら大きな怪我をしそうな道

3.滑らなそうだけど落ちたら死ぬだろうなって道

 

結局1を選んでおりましたが滑らなかったです笑

こういうリスクとその確率みたいな話って意外と身近にあるなと考えながら降りていました.やはり期待値が高い(低い)ものを狙わないとマイナスな結果で終わった時の後悔が大きいのかもしれないと感じ,これからも何かに特化した決断をしていこうと思いました.

 

  • 地元のリモートワーカーが集まるカフェにきた

ボールダーの在宅勤務者が集まるカフェにきて一緒にブログ書いて巻いた.お店はオーガニック系らしく,オレンジジュースを頼んだのですが高かったです笑

 

リモートワーカーと聞いて,カフェの店員とか同じリモートワーカー同士で話しながらのんびり仕事をしているイメージだったのですが,

彼らはほとんど話もせずモクモクとパソコンに打ち込み,電話をかけ続けていました.

                                                                                       

僕にとってはかなり衝撃でした.もっとゆるく仕事をして日銭を稼いでいきていく世界だとおもっていたら,ただ仕事の場所が会社からカフェに変わっただけの(僕の思う)理想的なリモートワークをしているのではないかと感じました.

 

ちなみに僕はリモートCEOになりたいと思いました笑

この書き方だとCEOをリモートしているみたいですけども…

 

f:id:AIFFEE:20180617223826j:plain

 

  • まとめ

本当に楽しくて学びの多い会議でした.

来年は,オックスフォード大学でやるらしいので楽しみです.ハリーポッターの撮影場所の食堂でディナーするらしいから皆こいよとのこと.

 

絶対行きます!!

 

最後に友達と別れるときにオックスフォードで会おうって約束したので今年も研究がんばります.もちろん起業にも向けてがんばります.

 

ひそかに表彰を狙っていましたがインド人の友達にとられました笑

Congratulation Sahadeo!